将棋大会記録

地元将棋大会初優勝報告

こんにちわー急戦研究所所長のmurizemeです(^_-)-☆



おかげさまで、先日行われた地元将棋大会でついに
初優勝いたしました。w(゚o゚)w オオー!
(B級なので下のクラスですが・・・・)


今回は事前に作戦を立てて忠実に遂行したのが良かったのではないかと思います。
(一番得意な嬉野流を一度も採用する場面が無かった事は自分でも意外です・・・。)


では頂いた賞状を披露します!!
じゃーーーん!!
IMG_1134[347]
ちゃんと日本将棋連盟の印が押してあるし、佐藤康光会長のサインもあります!
やったーーー!!


次は盾です。(盾:誤字だったらごめん)
IMG_1133[345]
渋くてカッコいいですね!!


さらに副賞としてギフトセットやビール券なども頂きました。
写真は撮影し忘れました・・・・。
(優勝者は毎回こんないいのを貰ってたのか・・・w)


後、たぶんだけど来月発売の雑誌「将棋世界」の地方大会の成績欄に名前が載ります!!
(10冊くらい買おうかなw)



んで、あまりにうれしかったので優勝報告と関係者の方へのメッセージを動画にしてみました。
(久しぶりに動画作成ソフトなど使ったら全部ライセンス切れてましたw)


5分ほどの動画ですがよろしければご覧くださいませ。
今回はエヴァ風に仕上げてみましたw
 


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング

将棋大会2020年2月(vs S間(和)さん 見えるはずだ、あの死兆星が・・・)

こんにちわー急戦研究所所長のmurizemeです(^_-)-☆


2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。


5勝0敗で迎えた第6戦(最終戦)の相手はS間(和)さんです。

初優勝
までマジック1が点灯しています。( *´艸`)
ただしこの局で負けると5勝1敗で並ばれる可能性が有る為、どーーーーーーしても勝たねばなりません。

対戦相手のS間(和)さんとのレーティングはほぼ互角ながら、直近では連敗しています。
初優勝に向けて最後の試練となりました。


※今回は対戦相手によって作戦を考えています。
作戦はこちら↓↓↓
①対振り飛車では先回記事で書いた、嬉野流裏の闘法を採用!!
②角道OPENしてくる居飛車党には『一手損角換わり45桂急戦』
③飛車先ズンズンタイプの居飛車党には『都成流』
④よく解んない人は指しなれている嬉野流か矢倉


先手がS間(和)さん(画面上)、後手が私で(画面下)です。

13手目 35歩の局面
スクリーンショット (62)
S間(和)さんは棒銀の名手で、前回の対戦では受け損なってしまい、短手数で攻め倒されてしまいました。( ノД`)シクシク…
今回も先手番の利を活かして速攻棒銀で襲い掛かってきました。


15手目 35銀の局面
スクリーンショット (63)
棒銀って自分もよく採用するので知っているような気がしますが、実は奥が深くて殆ど理解出来ていません。なんとなくいつも手成りで指しています。
この局面は34歩一択と思っていましたが大間違いなんですね・・・・。
今度棒銀の受け方を研究してみようかな・・・ボソッ・・・。


24手目 23歩の局面
スクリーンショット (64)
先手の棒銀を受けきったと思って指していましたが評価値を見る限り、とても損をしていますね・・・。
確かに駒損こそ無い物の、先手だけ手駒に2歩と銀を持っているのですから悪いわけが無いか・・・。
ちゃんと勉強しないと永遠に損しちゃうな・・・なんとかせねば・・・。((+_+))


45手目 45桂馬の局面
スクリーンショット (65)
うっかりミスで62の銀を53に移動させてしまい、フンドシの桂を食らってしまいました。(-_-;)
これで先手は駒得し右桂もさばける理想の展開になったのではないでしょうか?
評価値は先手+480点ですがそれ以上に苦戦を意識していました。


60手目 38角の局面
スクリーンショット (66)
先手に一瞬の緩手があり38角で優勢になりました。
あまりお目にかかれ無い「タスキの角?」は最高に気持ちよかったです( *´艸`)


68手目 95桂の局面
スクリーンショット (67)
95桂で勝負あったかな・・・・と自信をもって指しました。
質駒も沢山あるし、受けは相当難しいはずです。
また珍しい事にこの時点で11分も時間を残しています。
後は勝ち切るだけ・・・・。


98手目  86歩の局面
スクリーンショット (68)
大事に大事に指し進めたら、先手の猛攻に会い自玉が丸裸にされました・・・・。
しかし自玉に詰みは無さそうなので、相手玉に詰め路を掛け続ければ勝てるはずです。

選択した86歩は詰め路です。
同歩は87歩と叩いて詰みそう・・・。
98銀などの受けも一手一手ってぽい・・・。

確信は無いのですが『勝ち』になった気がしました。


胸の高鳴りが抑えられません・・・。
lqip
S間(和)さんの頭上には死兆星が煌々と輝いていたはずです。w


終局図
スクリーンショット (69)
前図の86歩を同歩とされた為、17手詰めが発生していましたが最短は選べず23手詰めで勝ちとなりました。(手数は長かったのですが詰み筋が多かったので詰ます事ができました。)

長かった・・・・。


これで全勝(6勝0敗)となり文句なしの優勝となりました。

優勝の報告は長くなったので次の記事で書こうと思います。

記録させていただいたS間(和)さん、ありがとうございました。m(__)m


本日は以上です。



↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング











将棋大会2020年2月(vs S木さん 罠)

こんにちわー急戦研究所所長のmurizemeです(^_-)-☆

2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。

4勝0敗で迎えた第5戦の相手はS木さんです。
S木さんとのレーティング差は52です。
なので私の勝利期待値は57.57%とほぼ互角ですが過去の対戦成績は大きく勝ち越しており4勝1敗くらいだと思います。
この局も勝って優勝マジックを
1にしたい。( ̄ー ̄)ニヤリッ

さてどうなったでしょうか・・・・。

先手S木さん(画面上)、後手が私(画面下)です。


22手目 15歩の局面
スクリーンショット (51)
戦型は居飛車vs向かい飛車になりました。
先手の守りはS木さん18番の形で私が勝手に
S木スペシャルと名付けた形ですw。
低い陣形がかっこいいんだよね・・・(^^♪

50手目 86銀の局面
スクリーンショット (52)
棒銀がうまくいって飛車得になりました。( *´艸`)
正直勝ったな
・・・・と思ってしまいましたが、ここからS木さんが罠を張りまくります。
その執念を紹介します。


53手目 84歩の局面
スクリーンショット (58)
84の歩を取れば66角の
王手飛車ですね!
危ない危ない・・・・。


59手目 75銀の局面
スクリーンショット (60)
銀を86から75と、ただの場所に移動させてここでも66角の
王手飛車を誘ってきます。
危ない危ない・・・。


69手目 59銀の局面
スクリーンショット (61)
ここでも48の銀を59に移動させ、
王手飛車を狙ってきました。
普段は1日将棋を指すと一回は王手飛車を食らってしまうのですが、この日は冴えており無事回避することに成功しました。
しかし王手飛車への執念は怖かったな・・・・。


終局図
スクリーンショット (57)
王手飛車の恐怖から逃れることが出来、勝利できました。

私なら序盤に飛車損が確定した段階で投げていてもおかしくなかった将棋でしたが、あきらめない執念は見習わないといけないなと感じました。


記録させていただいたS木さん、ありがとうございました。m(__)m


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング













将棋大会2020年2月(vs H崎さん 7分の1の詰め路)

こんにちわー急戦研究所所長のmurizemeです(^_-)-☆

2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。

3勝0敗で迎えた第4戦の相手はH崎さん(小学4年生)です。
H崎さんとのレーティング差は110で私が格上、しかも一度も負けたことがりません(たぶん5勝0敗)

しかしH崎さんは指すたびにドンドン強くなっており、最近では安定して大人を負かすまでに成長しています。
そう・・・戦えば戦うほど強くなるサイヤ人のようですw
001 (1)
今は悟空の幼年期といったところかな・・・・。
今後の成長が怖い!!

そんなH崎さんですから全く油断はできません

(。-`ω´-)キッパリ!!


今日あたり負けそうな気がする・・・・

不安を抱えての対戦です。


※今回は対戦相手によって作戦を考えています。
作戦はこちら↓↓↓
①対振り飛車では先回記事で書いた、嬉野流裏の闘法を採用!!
②角道OPENしてくる居飛車党には『一手損角換わり45桂急戦』
③飛車先ズンズンタイプの居飛車党には『都成流』
④よく解んない人は指しなれている嬉野流か矢倉



先手が私(画面下)、後手がH崎さん(画面上)です。
スクリーンショット (35)
H崎さんは振り飛車、居飛車どちらも指しこなします。
とりあえず一手損角換わりに誘導しましたが、筋違い角で対抗してきました。

私「筋違い角も覚えたのか・・・・」
何度も言いますが一年前はぶつかった駒は全部取る程度の棋力だったので、成長が早くて怖いですw


43手目 68金右の局面
スクリーンショット (36)
筋違い角の定跡は良くわかりませんが、後手は角を既に手放しているため駒組は難しいはずです。
こちらは角打ちの隙を狙いつつ、長期戦覚悟の方針です。(急戦はどこ行ったw)


51手目 15香車の場面
スクリーンショット (37)
74の桂頭が弱点と判断し、強引に歩を回収にいった手が15香車です。
着眼点は良かったと思います・・・・。


61手目 29飛車の局面
スクリーンショット (38)
手順が悪く狙いの桂頭(74)を崩しきれず、香損だけが残った局面です・・・・。(なぜ・・・)
脂汗がしたたり落ちた瞬間です。
(TДT)


81手目 54桂馬の局面
スクリーンショット (39)
反射的に『フンドシの桂』を指したのですが・・・・ただでした・・・・角が効いてる
(´;ω;`)
苦しい時間が続いていたので安易に指しちゃったよ・・・・。
この桂馬を取られてからは防戦一方の将棋となりました。(そりゃそうだ)


98手目 84桂馬の局面
スクリーンショット (40)
『桂馬は控えて打て』の格言通りの手です。
小学4年生が桂馬を控えて打つなんて・・・・絶句しました。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?



120手目 68金の局面
スクリーンショット (41)
68金とガジガジ流で守りの金を剥がしにきました。
直接手、間接手を織り交ぜて攻めてきます。
私は耐え切れず千日手覚悟で79金と打ちましたが・・・・。


124手目  68歩の局面
スクリーンショット (42)
千日手狙いの私をあざ笑うかのような歩の垂らし。(; ̄Д ̄)
何度も何度も言いますが、小学4年生と思えない手で関心するばかりです。
評価値では先手優勢となっていますが、指している時はとてもそんな気はしておらず劣勢を意識していました。


152手目 13飛車の局面
スクリーンショット (43)
私の持ち時間は142手付近で切れてしまい焦って指した13飛車ですが悪手でした。
裏返す余裕もなくまさかの成らず・・・。
まぁどうせ取られるからいいけどさ・・・・。


181手目  79銀の局面
スクリーンショット (44)
30秒将棋に突入してから既に40手ほど進みました。
後手はまだ3分も残しています。(羨ましい)
後手玉は固く、(見事な金矢倉が完成しています。)自陣は金銀がバラバラです。
時間に追われ放り投げるように79銀を指しました。(悪手)
ソフトでは52銀や54銀を推奨していましたが、時間があったとしても指せないな・・・。
狙いが全く解んないよ・・・・。


204手目  58飛車の局面
スクリーンショット (45)
手数は200手の大台を超えました。Σ( ̄ロ ̄|||)
王手馬取りがかかりました。
78馬で一旦助かりますが、67銀と追撃されあえなく馬が御用です・・・・。

大駒全てを奪われてしまい、入玉も視野に入れていましたが諦めるしかありません。
評価値以上に苦しい展開と感じていました。


223手目 68金の局面
スクリーンショット (46)
ここで遂に先手玉に詰み筋が生じていました。(69角からの11手詰め)
しかしこの直前に後手も持ち時間を使い切っており30秒将棋に突入していた事が幸いしてか48龍と手を戻されました。
危なかった・・・・。


229手目 54桂馬の局面
スクリーンショット (47)
手に困り適当に指した54桂馬です。(当然悪手)
しかしこの桂馬が活きる展開なります・・・・将棋は怖い・・・。



244手目 69銀の局面
スクリーンショット (48)
69の銀を同金とすれば67角成からバラされて生きた心地がしません。
しかしこの銀を取れないようじゃ負けかな・・・・。
そんな気で指していました。


251手目 44桂馬の局面
スクリーンショット (50)
一瞬の間隙をついての44桂馬が炸裂しました。
玉は逃げるしかありませんが、動ける箇所は7通りあります。
しかし
7通り中6か所は詰んでしまいます。
w(゚o゚)w オオー!

私も指している時には気づかず、ソフト解析して知りました。


終了図
スクリーンショット (49)
前図で
H崎さんが選択した手は23玉・・・は残念ながら不正解でまさかの逆転となりました。(正解は33玉)

九死に一生を得たというのが正しい表現の将棋でしたね。

この将棋は地元の将棋大会に参加して最長手数の263手でした。(疲れた・・・)
勝負には勝ったけど次こそ負けそうな気がします・・・・。
若者には伸びしろでは勝てませんが、勉強して恥ずかしくない将棋を指していきたいと思います。


本日は以上です。


記録させていただいたH崎さん、ありがとうございました。m(__)m


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング




















将棋大会2020年2月(vs K藤さん 誓いの時は来た!)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。

2勝0敗で迎えた第3戦の相手はK藤さんです。
K藤さんとは過去0勝3敗(だったと思う)で一度も勝ったことがありません。
苦手意識は全くないのですがセンスの差が大きくて毎回負けている気がします。
(先月も苦杯を飲まされましたw)

R差は今回対戦した方の中で一番差が開いていて117の違いがあり、私の勝利期待度は33.8%です。

K藤さんは本日3連勝しており、私が優勝するにはどーーーーーーしても勝たなければいけない相手です。
心の中では優勝決定戦!!


※今回は対戦相手によって作戦を考えています。
作戦はこちら↓↓↓
①対振り飛車では先回記事で書いた、嬉野流裏の闘法を採用!!
②角道OPENしてくる居飛車党には『一手損角換わり45桂急戦』
③飛車先ズンズンタイプの居飛車党には『都成流』
④よく解んない人は指しなれている嬉野流か矢倉



先手が私で(画面下)後手がK藤さん(画面上)です。


9手目 22角成の局面
スクリーンショット (22)
K藤さんは②の角道OPEN型の居飛車党です。
よって研究中であり現在もっとも自信のある『一手損角換わり45桂馬急戦』をぶつけました。

急戦研究所所長として(いつから所長になったかは言わないで・・・・w)
絶対に負けられない戦いとなりました。
20140602152917

25手目 45歩の局面
スクリーンショット (23)
後手は44歩を突いてきました。
実戦ではこの歩を突かれることが非常に多いのですが、裏を返せば急戦を恐れている証拠と判断しています。
よって反発の45歩で開戦です。


30手目 54銀の局面
スクリーンショット (24)
後手54銀の腰掛銀は45桂馬急戦では非常に有効手です。
61の金がどいてくれれば24歩から仕掛けられるので、手待ちをすべきか少考しました。

結論としては45の桂馬を食いちぎられたりして研究を外れる方が厳しいので、無理筋は承知ですが24歩からの特攻を決断しました。w(゚o゚)w オオー!


35手目 34飛車の局面
スクリーンショット (25)
43銀で先手の飛車は死にますが、32飛車成が結構うるさい攻めとなります。
評価値は先手不利で▲448ですが、この後の攻め筋に期待して特攻継続です。



34手目 23歩の局面
スクリーンショット (34)
32飛車成りの後
同玉
24歩
同歩
23歩
が現局面です。

23歩を取れば41角から74馬を見せてどうか・・・。
取らなければ22角から香車をを拾いに行きます。

ここまでが研究範囲です。

49手目 21馬の局面
スクリーンショット (27)
評価値は互角に戻っています。
ただし先手の玉は駒の数で壁を作っているのに対し、後手玉は金銀バラバラで、まとめるのにセンスが問われると思います。
個人的には+1000点程優性と認識していました。( 一一)


54手目 38歩の局面
スクリーンショット (28)
後手のK藤さんは歩の使い方が上手くて、今回も上図の38歩で痺れてしまいました。((+_+))
後手玉も相当怖いはずなのに絶妙のタイミングでの好手でこの局最長の長考(約4分)となりました。


67手目 63成香の局面
スクリーンショット (29)
一個前の図から攻め合いを選び、双方の王様はかなり危険な局面です。
特に先手玉は39龍を許すと一気に寄っても不思議ではない気がします。
優勢の気がしていますが、読み抜けがあると一瞬で終わりです。
ここでこの局2回目の長考に突入・・・そして持ち時間を使い切り30秒将棋に突入しました。((+_+))



71手目 28銀の局面
スクリーンショット (31)
一つ前の図から83玉、28銀と進んだ局面です。
この手が好手!!
我ながらよく指せたな・・・と感心(^^♪
評価値的にはまだ先手+600点程ですが事実上の決め手となりました。


79手目 84香車の局面
スクリーンショット (32)
壮絶な戦いにも終止符が打たれようとしています。
ずっと狙っていた84香車が炸裂!!

胸がいっぱい・・・感無量の時間が流れます。
トキ・・・かっこよすぎる!!!( *´艸`)
unnamed
K藤さんと何かを誓った訳じゃないけど・・・気持ちはトキと一緒ですw


終局図
スクリーンショット (33)
86歩で勝ちとなりました・・・・。
途中81飛車成を指した時には羽生さんみたいに手が震えました。(((( ;゚д゚)))
(初めての経験w)


この日最強の相手から白星をもぎ取り貴重な勝利となりました。


記録させていただいたK藤さん、ありがとうございました。m(__)m


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング














将棋大会2020年2月(vs I藤さん 都成流恐るべし)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

今日は2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。

1勝0敗で迎えた第2戦の相手はI藤さんです。
I藤さんとは最近相性が良く3連勝中です。
(いずれも嬉野流採用)
今回も嬉野流で行くか悩みましたが、当初立てた作戦通りに遂行することにしました。

作戦はこちら↓↓↓
①対振り飛車では先回記事で書いた、嬉野流裏の闘法を採用!!
②角道OPENしてくる居飛車党には『一手損角換わり45桂急戦』
③飛車先ズンズンタイプの居飛車党には『都成流』
④よく解んない人は指しなれている嬉野流か矢倉



先手がI藤さん(画面上)、私が後手(画面下)です。

10手目 44角の局面
スクリーンショット (17)
I藤さんもY田さんと同じく③の飛車先ズンズンタイプです。
よって第一戦に続いて『都成流』の採用となりました。


21手目 65角の局面
スクリーンショット (18)
第一戦目との違いは角交換となったので先手から65角が生じています。
しかしこれは定跡の範囲で83角成は許してOKです。
その訳は次の図で解説します。


30手目 38歩の局面
スクリーンショット (19)
2筋で歩を入手し38歩を打ちます。
都成流でよく出てくる変化ですがこれが先手の急所で一気に優勢となりました。


45手目 27銀の局面
スクリーンショット (20)
駒割りは第一戦目とほぼ同じで桂香得ですが、駒効率で後手が大きく勝っており評価値は先手の-2425点です。
この局も怖いくらい順調に進んでいきました。


終局図
スクリーンショット (21)
今回も自玉は鉄壁で攻めに専念でき、完封勝利となりました。(^o^)/
しかし、2局連続でハメ手を使ったような罪悪感が残った・・・・。
(いや・・・都成流は立派な作戦だから悪くないはず・・・・だよね?)


勝利はしたけど、ちょっとだけ悶々としてしまいました。

記録させていただいたI藤さんありがとうございました。


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング












将棋大会2020年2月(vs Y田さん 勝ち将棋鬼のごとし)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

今日は2月に行われた地元将棋大会の棋譜記録を紹介します。

先月の大会は1勝4敗と大敗をしてしまい、今月の成績次第では降級の可能性もあります。
そんな状況なので今月は勝ちにこだわって作戦を立てて望みました。w(゚o゚)w オオー!

作戦はこんな感じです。↓↓↓
①対振り飛車では先回記事で書いた、嬉野流裏の闘法を採用!!
②角道OPENしてくる居飛車党には『一手損角換わり45桂急戦』
③飛車先ズンズンタイプの居飛車党には『都成流』
④よく解んない人は指しなれている嬉野流か矢倉


上手くいくかどうかは解りませんが嬉野流一本は今月に限っては不採用です。
さて吉と出るか凶と出るか・・・・。

それといつもは5回戦なのですが、今月は6回戦と長丁場になりました。
(私が在籍している?Bクラスの方全員と総当たりです。)
目標は最低でも3勝3敗以上も目指します。


一回戦の相手はY田さんです。
Y田さんは最近絶好調でレーティングでは抜かれてしまいました(TДT)
勢いのある方と初戦を戦うのは嫌ですが、裏を返せば自信が波に乗るチャンスです!
大事な一戦となりました。

先手が私で(画面下)、後手Y田さん(画面上)です。

11手目 66角の局面
スクリーンショット (13)
Y田さんは③の飛車先ズンズンタイプです。
よって『都成流』を採用です。
実は過去にも『都成流』を採用して勝利したことがあります。


15手目 88飛車の局面
スクリーンショット (14)
まだ15手ですが『都成流』が炸裂し、先手有利です。
後手は一歩得ですが飛車が使いずらく、8筋の傷も大きいので駒組が大変ですね。


46手目 86飛車の局面
スクリーンショット (15)
駒割りこそ先手の桂香得程度ですが、駒の働きが大きく違い先手+3298と大差がついています。
次に92飛車成や54香車が見えていますが、ここではガッチリ77銀を採用!!
まさに『勝ち将棋鬼のごとし』です。


終局図
スクリーンショット (16)
自陣は鉄壁で王手はおろか相手駒の侵入すら許さない完封劇でした。
(ここまで圧勝は記憶にない・・・)

幸先の良いスタートを切れてホットしました♪
記録させていただいたY田さんありがとうございました。m(__)m


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング






レーティング急降下中(-_-;)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

地元の将棋大会では運営の方にレーティングを計算してもらっています。
その最新結果が発表されました。

今月1/2の大会では1勝4敗と大敗をしてしまった為下がってるのは解っていたけど・・・。
R1616⇒R1552
と大きく下がっていました・・・(TДT)


私の最高RはR1636なので今年はR1700(2段)を目指していましたが反面・・・降格の危機です。ε=ε=(;´Д`)

自分が弱いので仕方ないですね・・・頑張らないと・・・。


将棋ウォーズの方はというと、
スクリーンショット (11)
10切れの方が前回公開した時より勝率が556⇒557と若干上がりました。
達成率も18%⇒41.5%となり危険水域は出ることが出来たかな?って感じです。

最近トレンド戦法って表示がされるようになりましたが、私は『一手損角換わり』になってますねw
今では嬉野流とならんで私の2大戦法となりましたw(゚o゚)w オオー!


そして、現在対振り飛車対策として新戦法を勉強中です。
今日はその新戦法をチョットだけ公開しますw

名付けて嬉野流、裏の闘法『裏蓮華!!』です。
ギャーカッコいいwwww
↑↑↑ほとんどの方は( ゚д゚)ポカーンとしてると思うけど・・・いいのだ・・・自己満足の世界だから・・・。

スクリーンショット (12)
まさかの振り飛車?????


漫画「naruto」を見ると何となく言いたいことが解ると思います!

NARUTO24_0024_mini-e1386094363708
↑↑↑こんな感じで華麗に復活したいなぁw

本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング








記事タイトル将棋大会2020年1月(vs S間(和)さん ブービー勝を懸けた戦い)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


1月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
ここまでの成績は1勝3敗で負け越しが決定・・・・。
(´·ω·`)ショボーン.
入賞のチャンスも無くなり最終戦は消化試合でしたが対戦相手がが勝手にライバル視しているS間(和)さんでした。(゚∇゚ ;)エッ!?

S間(和)さんもこの日は絶不調でここまで4連敗・・・。
まさかのブービー賞を懸けての戦いとなりましたw
(まさかって言うのもちょっとあれだけど・・・ゆるしてw)

先手がS間(和)さん(画面上)、後手が私で(画面下)です。


24手目 32玉の局面
スクリーンショット (330)
戦型は居飛車vs嬉野流もどきです。

先手は嬉野流に有効な速攻棒銀です。
嬉野側は第2戦のY内田戦のように受ける方法が一般的ですが、今回はネットで見た別の受け方を採用してみました。w(゚o゚)w オオー!

上図のように22(88)金型で玉と一緒に23(87)の地点を受ける方法です。
ただし、見ての通りで角が息苦しい事になっています。
実戦で投入したのは初めてなので、どこかで間違った感が否めません。
Σ(゚д゚;)


43手目 75歩の局面
スクリーンショット (331)
早くもこの局のハイライトです!!

先手の棒銀は受けきった!!(と思ってた。)
反撃するぞ------------------!!

との認識なので、嬉野側定番の75歩で銀交換を目指したのですが、これがまさかの?
大悪手でした。
理由は銀交換すると先手から24歩からの攻めが成立してしまうのです・・・。
言われてみれば23の地点は2枚しか守っていないから、危ないよね・・・・。

しかし嬉野側から75歩を突けないようじゃ、既に作戦負けです。(ソフトはそう言ってます)


46手目 75角の局面
スクリーンショット (333)
自陣が危ないなんて思っていなかったので銀交換しちゃいました・・・。
評価値は▲1100点を超えていますね。ε=ε=(;´Д`)
ここから先手の怒涛の攻めが炸裂します!!


51手目 34銀打つの局面
スクリーンショット (334)
この局で一番驚いた手がこの34銀打ちです。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ソフトでは評価されませんが(24銀のほうが400点ほど勝る)
先手の角も攻めに使おうという手で、困ったのなんのって・・・・放置も出来ないし・・・・。
(この手を指した先手の指がしなった様に見えたよ・・・)


投了図
スクリーンショット (335)
筋を突破されてからは、ほぼ何も出来ず投了まで進みました・・・・。
嬉野流の左辺は壁になる事が多く、右辺から攻められることが殆どです。
なので今回左辺から攻め倒されたことに、驚きを超えてショックでした。(TДT)

まぁ22金型の受け方がおかしかった・・・・。
それに尽きる気もしますが、速攻棒銀のきちんとした対応を見直さなくてはいけないなと実感しました。

やらなきゃいけない事が増えて大変ですが、そこが将棋の面白い所でもあります。
勉強して次戦に生かせるよう頑張ります。


記録させて頂いたS間(和)さん、ありがとうございました。m(__)m
本日は以上です。

あっ・・・この敗戦でめでたくブービー賞を頂きましたw

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング















将棋大会2020年1月(vs K藤さん 力ではなくセンスで負けた・・・。)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


1月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。

1勝2敗で迎えた第3戦はK藤さんです。
K藤さんは半年ぶりの復帰で確か対戦成績は0勝2敗だったと思います。
(そろそろ一勝を返したいところですねw)


先手が私(画面下)、後手K藤さん(画面上)です。

26手目 75歩の局面
スクリーンショット (320)
戦型は居飛車vs嬉野流です。

戦型としては嬉野流が刺さりそうな局面で、自身有りでしたが、後手の75歩を見て手が止まりました。
対居飛車で75歩を突いて来ると言う事は「嬉野流対策」を知っている可能性があります!
本局ではビビッてしまいこのまま居角で戦う事としました。(攻撃力DOWN)


38手目 44角の局面
スクリーンショット (322)
確か格言に「棒銀は5筋に到達すれば成功」(ちょっと違うような・・・)
とあるのでこの局面は成功のはずです。


39手目 23銀成るの局面
スクリーンショット (323)
前図から当然のように23銀成りを選択しましたが、評価値が後手に振れていますね・・・・。(゚ロ゚;)エェッ!?
ソフト先生によれば79角を指せと言っていますが・・・23銀成りは最低でも金銀交換+右辺を乱せるので少なくとも損では無いはず・・・と思って指していました。
まじかよ・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


66手目 36角の局面
スクリーンショット (325)
互角の局面が続いています。
先手は右辺から攻められていますが玉から遠いので、まだ大丈夫との認識でした。
しかし36角を見て手が止まりました。
玉はもちろん、飛車も間接的に睨んでおり非常に怖い手です。
私は38と金、と捨てて飛車を成りこんで来ると予想していたので、強い人はセンスが違うなっと思い知らされました。


71手目 42金の局面
スクリーンショット (326)
指した直後に非常に後悔した手です。(42金)
金を捨てて玉を追い込んで行ったのですが、61銀の方が金を渡さないで迫れるので何倍も良かったです。
『待った券』を持っていれば使っていましたね・・・・(無いけどさ・・・)


86手目 46桂の局面
スクリーンショット (328)
敗着の局面です。
見たままで「フンドシの桂」が炸裂しています。(´;ω;`)
後手はずっと攻め駒不足だったので、カウンターをひそかに狙っていました。
しかしこの手で後手の攻めは切れなくなりました。
正直ここで心折れましたね・・・。
2015112501
将棋も麻雀と同じで先に心折れたら負けですね。(漫画 天牌より)


投了図
スクリーンショット (329)
後は流れるように追い込まれて投了となりました。
ずっと後手は駒不足だったのですが、全ての駒が働いていて指しずらかったです。

力負けというよりセンスで負けたな・・・・。
そんな将棋でした。


記録させて頂いたK藤さん、ありがとうございました。

本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング







将棋大会2020年1月(vs I田さん 遂に炸裂?一手損角換わり45桂急戦!!)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


一月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
2連敗でむかえた第3戦目の相手はI田さんです。


前局で2歩の反則をしてしまい落ち込んでの対局です。
もうどーにでもなれと開き直った対局となりましたw


先手がI田さん(画面上)、私が後手(画面下)です。


4手目 88角成の局面
スクリーンショット (311)
I田さんは居飛車党と知っていたので、研究中の「一手損角換わり45桂急戦」をぶつけてみる事にしました。第一戦でも採用しましたが研究が浅く逆転されています。


9手目 56歩の局面
スクリーンショット (312)
「角交換に5筋の歩を突くな」と格言でありますが、関係無いと先手が突いてきました。
この時点で研究から外れてしまいましたが、類似系になればなんとかなるかな?と思いながら急戦を期待して駒組しました。


21手目 66歩の局面
スクリーンショット (313)
先手は矢倉のような雁木のような見た事が無い囲いです。
パッと見て銀交換が出来れば39に打てるので、多少無理筋でも攻めていける気がしました。
よって迷わず65歩で開戦です!!


36手目 66飛車の局面
スクリーンショット (315)
66飛車とぶった切って強引に攻めを繋げていきます。
先手陣が見た事が無い形でしたが何とか攻略できそうです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


42手目 57銀の局面
スクリーンショット (316)
気持ちよすぎる「タスキの銀」が決まりました。
王手、飛車取り、金取りと贅沢過ぎる手です。(ただし駒は1つしか取れないけどねw)


45手目 63歩の局面
スクリーンショット (317)
この局面で長考しました。(約6分)
もちろん詰みが有りそうだからです。

正解の一例は68飛、76玉、66飛車成り、同玉、57銀成らず、67玉、68金、76玉、75金の9手詰めです。

3手目の66飛車成が見えれば後は比較的簡単でしたが、66飛車成が見えない・・・・。
中段玉を詰ますのは大の苦手としているので20分考えても解らなかったと思う。
んで選択した手は57銀成り(悪手では無いが上部に逃がした為この後少し長引いてしまった。)


終局図 85金まで
スクリーンショット (319)
結果としては「一手損角換り45桂急戦」が炸裂した将棋となりました。
45手目以降9手詰めが解れば54手の短手数で決着してたしね。( *´艸`)

しかし詰将棋の勉強をしないといけないなぁと実感・・・・。
苦手なんだよね・・・どうしよう・・・。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング





記事タイトル将棋大会2020年1月(vs Y内田さん 将棋の反則は知らない所で起こっている その3)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆



1月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
第2戦はY内田さんです。

対戦成績は勝ち越していますので新年初勝利を挙げたいところですが・・・・。


先手が私(画面下)、後手Y内田さん(画面上)です。

22手目 85銀の局面
スクリーンショット (302)
戦型は居飛車vs嬉野流ですね。
後手は嬉野流に有効な速攻棒銀です。
よくある局面なので受け方は65銀or75銀です。(たぶんね)
但し75銀は激しい変化になって評価値は互角ですが自信ないです。(参考図1)

参考図1
スクリーンショット (310)
この局面が互角とは到底思えないなぁ・・・・。


29手目 79角の局面
スクリーンショット (303)
棒銀を正しく受けた図です。
嬉野側の不満は後手側が8筋でいつでも暴れられる権利が発生している事が気持ち悪いです。
そういう意味では速攻棒銀は厄介です。((+_+))


43手目 84歩の局面
スクリーンショット (304)
後手の飛車先を抑える為に打った84歩ですが、打つなら85歩でしたね・・・。
おかげでこちらの飛車も動けなくなり、双方駒組が難しくなりました。


56手目 24角の局面
スクリーンショット (305)
桂得となり優勢は意識していた局面ですが、後手から大駒交換の打診がありました。
優勢を継続したいのでここで長考です。(約6分です)

①同飛車
②同角
③45桂
④83桂

有効そうな手が多くて悩みました。
①同飛車は同歩、同角のところで王手になり、歩切れの後手は受けにくそう。
②同角はこちらも角を捌きたかったので不満無いような気がする・・・。
③45桂は単純に攻め駒の足し算ですがピッタリした受けがあった場合、宙ぶらりんの桂馬なのでなんだか落ち着かない・・・。
④地味な83桂馬ですが91の香車を補充できれば香車の価値が高い局面に見える・・・。

で選んだ手は②で同角・・・。
悪手とは言い切れないが、疑問手でした。

ちなみにソフト先生の見解は58玉・・・。
(これ自玉が安全になっているの・・・・解らん・・・)


60手目 25角の局面
スクリーンショット (306)
25角は打たれると解っていて角交換したのですが、打たれてみるとヤッパリ厳しい・・・。
間接的に自玉を睨んでるし・・・。
ここでまたまた長考し(4分)36桂馬を着手・・・(悪手です)


73手目 28歩の局面
スクリーンショット (307)
後手側が攻めているように見えるけど、戦力不足と判断してました。
しかし今ソフトを見ると88不成からの厳しい攻めがあるね・・・。
危なかった・・・・(;^ω^)



80手目 57桂馬の局面
スクリーンショット (308)
嬉野流あるあるです・・・・。
このフンドシの桂馬はよく喰らいます・・・・・。


終局図 
スクリーンショット (309)
いきなりですが終局図です。
この局面では私は既に30秒将棋に突入しています。
パッとみて81香成、45馬が見えますが、もっと良い手が見えてしまいました・・・。

33歩です。( ;∀;)

そう・・・2歩(反則)なんです・・・・。


この後10手ほど指して発見されてしまいました・・・・。
指している途中は注意しないと・・・と思っていたのですがすっかり忘れていました。
(TДT)

ここ最近反則ネタばかりでしたが、まさか自分が反則するとは・・・・。
新年最悪の指し始めはまだまだ継続中のようです。(ノ◇≦。) ビェーン!!

この後けっこう落ち込んで昼食タイムでした・・・。
でも会場で用意して頂いたカレーはおいしかったw


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング













将棋大会2020年1月(vs H見(章)さん 局面を正しく読む力が足りません。)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


1月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
先回の記事で書いた通り、新年のスタートはつまづいてしまいましたが、だからこそなぜ負けたかをしっかり検討していきます。
よろしくお願いいたします。

1回戦はH見(章)さんです。

先手が私(画面下)、後手H見(章)さん画面上です。

7手目 76歩の局面
スクリーンショット (289)
飛車先を伸ばして様子を見ていたら研究中の「角換わり」が出来そうです。(゚∇゚ ;)エッ!?
久しぶりに角道を開けて戦う事に決めました!!


20手目 44歩の局面
スクリーンショット (291)
こちらは仕掛ける準備OKですが、後手が44歩と桂馬を飛ばせないように突いてきました。
実際この局面は将棋ウォーズで指してても44歩を突かれる事が意外に多いのは体験していました。

当然研究済みなので構わず45歩と突いて開戦しました。



25手目 53桂成の局面
スクリーンショット (292)
あれよあれよと言う間に技が決まり、予定通り優勢となりました。
しかし研究はここまでしかしていないので、優勢なのは解るけど具体的にこの後どうすれば勝ちにつながるかがサッパリ解りません?????
長考して52成桂を選択したものの、駒割は銀桂交換程度です。
何かがおかしいと感じ始めていました・・・。

Dwxsh42U8AE1gKx



39手目 53角成の局面
スクリーンショット (293)
53の地点に馬を作る事に成功しました!!(しかも王手)
どーーーーひいき目に見ても先手大優勢!!と思いませんか???
私は大優勢と思っていましたが今評価値を見ると・・・互角!!(゚∇゚ ;)エッ!?

実際この後41玉と引かれた後の継続手がまたまた解らず2度目の長考に沈みました・・・。


46手目 43桂馬の局面
スクリーンショット (294)
駒割りは私から見て金桂交換です。
そして中央に馬がいます。
悪いはずが無かろう・・・・。

その通りなんですが差は僅かで+700程度でした。
有るはずもない決め手を探して、結局見つけられなくて、なんと47手目で時間を使い切ってしまいました・・・。(´;ω;`)


57手目 59金右の局面
スクリーンショット (295)
指せども指せども一向に決め手が見つからず、攻め倒す予定でしたがいつの間にか受けの手を連発しています・・・。

67手目 41角の局面
スクリーンショット (296)
30秒将棋の恐怖に耐えながら後手玉を追い詰めていきますが、形勢はほぼ互角です。
鈍い私でもこの辺りで気づき始めていました。
(優勢じゃ無いのか・・・・)


75手目 24銀の局面
スクリーンショット (297)
実はこの局面、勝った!!って思っていました。
理由は同銀に同馬で詰みの認識です。

しかしねぇ・・・指した後に気付いたんだけど同馬は自殺手でした・・・(44香車の存在め・・・)
結局この後大事な馬を取られてしまい一気に敗勢へ・・・。( ノД`)シクシク…


投了図 
スクリーンショット (299)
後手玉はもう捕まえられず無念の投了です・・・。
敗因は局面を正確に読めず、互角なのに優勢と勘違いし、決め手を永遠と探して時間を消費した事ですね。

もう少し深く研究すれば良かったのですが、局面が進めば進むほど変化が増えるので、私レベルでは25手~30位までが限界かな・・・と思います。

しかし正確に局面を読む勉強ってどうやるんだろう・・・・????


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング






将棋大会2019年12月(vs I田さん)将棋の反則は知らない所で起こっている! その2

こんにちわー murizemeです。(*・ω・)ノ

年中無休の仕事をしているので、仕事納めを一回でいいので味わってみたい・・・。
(早く正月終わらないかな・・・w)

はい、今日も12月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
第4戦の相手はI田さんです。
ちなみに第5戦は抜け番になったので、この局が最終戦となりました。
第3戦に小学生に負けたダメージを引きずりながらの対局です。(不安・・・)


先手が私で(画面下)、後手I田さん(画面上)です。

24手目 45歩の局面
スクリーンショット (270)
居飛車vs嬉野流です。
後手からただで歩をどーぞと言われました。
もちろん同銀と取ったのですが、狙いの斜め棒銀がずれてしまい、この後の攻めが難しくなりました。
しかもどこかで1歩入手されると銀バサミに会います・・・・。
こんな嬉野対策があったのか・・・と大変勉強になりました。


29手目 76歩の局面
スクリーンショット (271)
嬉野流は引き角戦法で戦うことが殆どですが、場合によっては76歩を突いて戦うことも結構ある事をユーチューブの嬉野チャンネルを見てると出て来ます。
引き角型と角道OPEN型を使いこなせるようになると戦法の幅が広がりますね。
この局では明らかに88のラインから相手玉を睨んだ方が厳しいと判断し採用してみました。

57手目 34飛車の局面
スクリーンショット (272)
後手に上手く捌かれ桂損してしまいました。
ゆっくりしてられないので、(得意の?)大暴れで局面を複雑にした手です。

この後大駒をバッサバッサと切って、泥仕合に持ち込みましたw


75手目 32銀の局面
スクリーンショット (274)
32に銀を打たれ、一歩も動けなくなった飛車を直前に22に放り込んだのは私です。
(ノ◇≦。) ビェーン!!
何でそこに(22)に打つかなぁ・・・・。
すっかり自分に呆れた一幕です。(/TДT)/


86手目 41玉の局面
スクリーンショット (275)
「ラブストーリーは突然に・・・」by 小田和正

なんと本日2回目の反則がこの局面の直前に起こりました・・・。
(゚ロ゚;)エェッ!?


かなり珍しい反則です。
画像が荒くて見にくいですが↓↓↓
スクリーンショット (276)
写真の通りで後手が飛車を28に下ろす際に51に居た玉が服の袖に引っかかって41に移動してしまっています。

厳密に言うと2手指しになると思います。


んで当然、私もI田さんも気づかず終局まで指しましたw
(勝ったから良かったけどまた見逃してしまったw)




しかし今年は反則に遭遇する事が多かった一年でした。
まず、自分がした反則は香車で桂馬の動きをしてしまいました。
これもかなり珍しい反則だと思う・・・・。
しかも成り込んで王手だった為、その成香を相手がすぐ取り、双方気づかず・・・w
まさに瞬間芸でした( 一一)




次は対戦相手がした反則です。
①2歩
②動けない場所に駒を移動
③2手指し

です。


そして最も注目すべき所は今年遭遇した反則4件全てが、対戦者共気づかなかった事ですねぇ。w(゚o゚)w オオー!



私はたまたま動画を撮っていたから後日気づく事ができましたが・・・
反則って意外と解んないもんなんだな・・・・。
ってのが率直な感想です。


まぁ反則ってさ、やろうと思ってやる人は居ないし(全てがうっかりだと思う)
無事にその局が終わればそれで良いような気もします。

来年は、自分からは反則しないように心がけて指したいと思いました。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング









将棋大会2019年12月(vs S々木さん)穴熊の大暴力!!

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


12月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
第3戦はS々木さんです。

S々木さんとは初対戦ですが何と小学生です。(3年か4年生くらい)
一応レーティングでは私が格上なので胸を貸すくらいの気持ちで対戦をしましたが・・・・まさかの結末が・・・((+_+))

本当は恥ずかしいしので載せるのも嫌だったのですが、棋譜解析をしてみると納得でした。
(理由は後半で説明します。)



先手がS々木さん(画面上)、後手が私で(画面下)です。

29手目 39金の局面
スクリーンショット (257)
嬉野流vs振り飛車穴熊です。

嬉野流対向かい飛車の定跡情報は圧倒的に少なくて、手成りで指していたらガッチリ穴熊に組まれてしまいました。
評価値はともかく、この時点で作戦負けですね。


60手目 79飛車の局面
スクリーンショット (260)
局面は一気に60手目です。
駒割は私から見て飛車銀交換で駒得ですが、後手の左桂が捌けており評価値ほどの有利は全く感じていませんでした。
ほどんどの方は穴熊側を持つんじゃないかな・・・?


69手目 98歩の局面
スクリーンショット (261)
対戦したS々木さんは小学生なのに、こんな(98歩)渋い手を連発します。
この歩は取っても良かったのですが、この手を見てかなり強いと認識を改め、馬は自陣に(64馬)引くことにしました。


84手目 71金の局面
スクリーンショット (262)
形勢はさすがに優勢と認識していました。
ただ穴熊に手が付いていないのが唯一の懸念事項、そろそろ攻めても良いが完全に後手の攻めを切らすことに意識を向けた事で、局面がまぎれる事に・・・。


105手目 53歩の局面
スクリーンショット (263)
もういい加減に後手の攻めは切れたかな?
と思っても次々にいやらしい所に手を作ってきます。
弱い私が言うのも変なんですが、センスあるなぁ・・・・。
と改めて感心しました。


109手目 41玉の局面
スクリーンショット (264)
局面をスッキリさせるために後手の攻め駒を全部清算しました。
後手には大砲(大駒)が無くなったので、早い攻めは無かろう・・・・・。
って判断でしたが、評価値を見るとだいぶ差が縮まっていますね( 一一)

局面をスッキリさせたかった理由はもう一つ有って・・・時間が無くなったんです・・・・。
複雑な局面だと30秒で指すのは厳しい・・・(´;ω;`)


117手目 43金の局面
スクリーンショット (265)
反撃に出たい局面です。て言うより攻めないと勝てない・・・。
私の候補手は
①16歩
②26桂
でした。

ただ駒を渡すと自玉が狭すぎて危ないので決めるなら一気に決めなくては・・・・。
踏ん切りがつかず選んだ手は73龍・・・・。

①②も悪手だったけど、73龍も悪手だった・・・ε=ε=(;´Д`)


172手目 41香の局面
スクリーンショット (266)
一進一退の局面が長く続き敗着となったのは上図の41香でした。
44の銀をばっさり角で切られて万事休す・・・。
この時は後手も30秒将棋でしたが44角成をあっさり着手したのを見て、今日何回目かの驚きか解んないけどとても驚きましたw(マジかw)



終局図
スクリーンショット (267)
穴熊は見事なくらい手付かずで完敗でした・・・。
かなりのショック・・・・。
恐らく悪い意味で忘れられない敗戦になりました・・・・。

しかしこのブログを書くために棋譜解析をしてみると・・・。
スクリーンショット (268)
上の画像は142手目以降の棋譜解析です。

真ん中の数字が評価値ですが、見て貰った通りで終盤も大終盤ですが先手、後手共に評価値があまり動いていません。
つまり、最善手や次善手を連発してたって事ですね。w(゚o゚)w オオー!

これは相手のS々木さんは勿論凄いけど、自分もよくやったと言えるかも知れないです。(負けたんだけどさ・・・)


この棋譜解析を見て少しだけ気持ちが上向きになりましたw


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング









将棋大会2019年12月(vs I藤さん)将棋の反則は知らない所で起こっている!

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


12月に行われた地元将棋大会の記録です。
第2戦はI藤さんです。

I藤さんもバリバリの居飛車党です。
1戦目に続いて序盤から激しい戦いになりそうですねぇ((+_+))


先手が私(画面下)、後手がI藤さん(画面上)です。


37手目 46銀の局面
スクリーンショット (252)
局面を見ると駒台に後手が3歩、先手はありません・・・・・。
この序盤にミスして2歩損になってしまいました・・・。

それでも評価値は先手+110です。w(゚o゚)w オオー!
損して得取れとはこの事かなw(;^ω^)


49手目 25龍の局面
スクリーンショット (253)
そうは言っても駒損は痛い(TДT)
ノロノロ指してると後々響いてきますので慌てて暴れたら龍が出来て、一気に指しやすくなりました。
後手はこの後の駒組も難しく、時間でも優勢になる事に・・・。(めずらしいw)


73手目 11金の局面
スクリーンショット (254)
端攻めは重いかな?と思っていましたが、後手に有効手段がないので、これで充分のようです。
後手は得した歩を打つ場所が無いのが痛いですね。



99手目 48金打ちの場面
スクリーンショット (256)
互いに持ち駒は歩しかありませんが、先手は24歩、同歩、22歩が見えますね。
しかしここで事件が起きました。
後手の次の手は75角成・・・・。
(間違えちゃったみたいです・・・。)




そう・・・そのラインには成れないのです・・・。

普通ならそこで終了なのですが、私は相手の反則に気づかずその後も終局まで続けてしまっていました。
Σ( ̄ロ ̄|||)

勝敗の方は私の勝ちで終わりましたが、同じように相手の反則に気づかず指し続けた事が(今年の夏頃かな)ありましたねぇ。w


まぁ、互いに気づかず最後まで指せたので記録上は問題ないみたいだし・・・いっか!!(勝てたしw)

※棋譜解析の方はソフトでは反則手を指せないので、ここで終了です。

盤面の異変に気づけるようにならないとね・・・。


記録させて頂いた、I藤さんありがとうございました。
m(- -)m


本日は以上です。



↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング



将棋大会2019年12月(vs Y田さん)どんなに勝勢でも一手で地獄に落ちる・・・それが将棋!!

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

「一手損角換わり45桂馬急戦」の研究途中ですが、先日12月の地元将棋大会が開催されましたので先にそちらの様子を書きま~す。


初戦はY田さんです。
居飛車党の方ですが、嬉野流と居飛車は相性が良く最近は勝たせて頂いています。
今回もガンガンせめて勝ちを拾いたいところです。(^^♪

先手がY田さん(画面上)、後手が私(画面下)です。

27手目 69玉の局面
スクリーンショット (246)
戦型は嬉野流vsカニ囲い??かな・・・。
カニ囲いをY田さんが採用するのは初めて見ました。
研究してるんだなぁ・・・(自分も勉強しなくちゃ・・・)と思いました。


48手目 82飛車の局面
スクリーンショット (247)
カニ囲いだろうが何だろうが、争点が右辺に出来れば戦って行ける。
(これが嬉野流の良い所!!)
中盤の入り口で角金得となりました。
もちろん・・・勝ったな・・・(悪魔の声)
mig
が脳裏に響きましたw

59手目 68金の局面
スクリーンショット (248)
形勢は更に拡大し、寄せの構図を描きたい局面でした。
魅力的な手が2つ見えます。
①87角成
②87飛車成

この2手を比較検討する事約3分・・・。

結論は解らん・・・。
時間が沢山有る場面であればずっと考えていたい局面ですが、
どちらも有効な手の場合は沢山時間を費やすことは出来ません。(3分使ったけど・・・)

手成りで①87角成を決行しましたが、②の方がソフトさんの話では、より厳しかったようですね。

73手目 54飛車の局面
スクリーンショット (249)
先手の持ち駒は現在歩のみです。
自陣左辺が壁になっているのでちょっと怖い所ですが、現状は安泰です。
しかし私の持ち時間は2分を切りました。 (゚ー゚;Aアセアセ.

私の脳裏↓↓↓
①相手陣に詰め路をかけ続ければ自然と勝ちになるよね・・・・???
②安全に52歩を打っておこうかな・・・・。

で採用したのが第3の手53歩・・・・。
52歩を打つ直前に53の方が良くね???と判断。
駒は滑るように53に到達し角道を遮断・・・・。
当然64飛車と銀を取られて、金駒を一枚相手に献上してしまいました。

途端に自玉が危なくなっています。(((( ;゚д゚)))

このまま30秒将棋に突入したら何が起こっても不思議じゃありません!!
もう相手玉を寄せよう・・・・(無理でも詰め路をかけ続けよう)と決心した数手後・・・。

終局図
スクリーンショット (251)
詰め路を掛けたは良いが金駒をもう一枚渡してしまい・・・終了・・・Σ( ̄ロ ̄|||)
頓死と言えば聞こえは良いが、またもや時間管理ができなかった自分が弱いですね・・・。

反省し次回に生かせればと思います。

記録させて頂いたY田さんありがとうございました。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング





2019年 ベストバウト!!(角換わり45桂急戦)そしてありがとうクロノさん!(タイトルながっw)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


今日は2019年に地元将棋大会で指した将棋の中で、一番心に残っている将棋を発表します。w(゚o゚)w オオー!

まだ2019年終わって無いじゃん・・・って思う方がほとんどだと思いますが、いいのいいのw
だいたいこの時期に年間ランキングや何とか大賞とかやるじゃん!
そんな感覚です・・・はい(^^♪


では早速発表します。
2019年ベストバウトの将棋はダラララララララ~(ドラムロールのつもり)


2月に対局した、『vsT村さん』の将棋です! (´・∀・`)ヘー


この将棋は、振り飛車党の(だと勝手に思ってる)T村さんがプロの間でも流行っている
角換わりを採用し、私が45桂急戦で戦い初めてT村さんに勝った将棋です!
(いつもボコボコに負けてます・・・はい・・・)

ではその将棋を簡単に紹介します。
先手がT村さん(画面上)、私が後手(画面下)です。

9手目 22角成の局面
スクリーンショット (213)

T村さんの居飛車でもかなり驚いたのに、角換わりって・・・・心底驚いたのと同時に
毎月参加している将棋大会では、ほぼ見ることが出来ない角換わりに出会い、ものすごく
興奮しました。(;゚∀゚)=3ハァハァ


40手目 75歩の局面
スクリーンショット (208)

先手は棒銀で戦果を挙げ一息ついたところで、75歩の反撃を開始した所です。
正確には62金や52金を入れてから仕掛けるのが正解で、私の金銀が離れているので
返し技がこの先の局面で存在していました。
(ソフト解析をしてから気づいた・・・)
まぁ・・・45桂急戦はこうだったような・・・・って感じで思い出しながら指したので多少の間違えは許して・・・w


42手目 65桂の局面
スクリーンショット (209)
45桂急戦と書いておきながら後手番だから65桂急戦だった・・・。ごめん。

7筋の歩を突き捨ててから桂馬を跳ねた所です。
先手は受けるなら66銀か88銀の2択ですが、どちらでも86歩から攻めていきます。


48手目 76飛車の局面
スクリーンショット (210)
飛車先の歩を切ってから76飛車と潜り込む。
(75歩の突き捨てがここで生きる。)
飛車が狭いのでチョット不安ですが、次に55角が見えるのでこれで攻めは繋がっています。

54手目 78飛車成の局面
スクリーンショット (211)
待望の78飛車成が炸裂!!
同玉に66銀、同歩、66角とまだまだ攻めが切れません!!w(゚o゚)w オオー!
(本譜では78飛車成としましたが66飛車も有効で、こちらも攻めが切れません)


終局図付近
スクリーンショット (212)
89角が決め手でどう応じても攻めが繋がります。
(本譜は同玉に77角成で終局でした。)


あの鬼の様に強いT村さんに、僅か66手で快勝!!
会心譜でした・・・21角を指したときはチョット手が震えていたかも・・・w

で、なんで45(65)桂急戦を知っていたかと言うとね、尊敬する
YouTuberの『クロノ』さんが動画で検討していたのを覚えていたんですw
(ちなみに今年の夏にNHK将棋講座で45桂急戦が取り上げたらしい・・・)

凄く解りやすい説明で、印象に残ってたんだね!(クロノさんありがとう(^_-)-☆)

角換わりを指す事は、この後嬉野流を指すようになってからは無くなりましたが、今でもこの将棋だけは鮮明に覚えています。(下手したら一生忘れないかも・・・・)


以上、2019年のベストバウト紹介でした(^o^)/


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング




















今でも鮮明に
リアル将棋はいい

将棋大会2019年11月(vs I藤さん)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


11月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
今回は最終戦です。

ここまで1勝2敗(1不戦勝)です。

星を五分に戻せるか大事な一戦となりました。
対戦相手はI藤さんです。
I藤さんは格上ですがR差は16しかなくてほぼ互角です。
対戦成績もほぼ互角なので今回も熱い戦いが期待できます(*´ω`)

先手が私(画面下)、後手I藤さん(画面上)です。


21手目 24歩の局面
スクリーンショット (201)
後手は変則的な棒銀でした。(63から進出)
通常の棒銀であれば66銀と出て受かるのですが、後手の65歩で追い返されると
8筋が受からなくなり、実は既に困ってます(-_-;)

仕方が無いので本意ではありませんが24歩で開戦し十字飛車で目障りな64を
取りに行きました。


37手目 46歩の局面
スクリーンショット (202)
45の桂馬を捕獲し駒得が確定した局面ですが評価値は互角でした。
理由は33金、36飛車、25銀で飛車が捕獲される筋があった為です。
(飛車と金桂交換で互角)

本譜は違う変化になった為、一気に優勢となりました。(危なかった・・・)



51手目 34桂馬の局面
スクリーンショット (204)
飛車を渡す代わりに角銀との2枚替えを狙った手です。

嬉野流に限った話ではありませんが、飛車を渡す変化は相当読まないと怖いです。
もちろんこの将棋では最長の長考となりました。(約3分)
(結果は珍しく最善手)



62手目 82飛車の局面
スクリーンショット (205)
局面は明らかに優勢となり、先手から決め手が有りそうです。
ソフトを見る限り79玉、62銀(成り、成らず)、96歩などが候補・・・。
しかし79玉はともかく、96歩とかは渋すぎて私には絶対指せないと思うな・・・。


終局図
スクリーンショット (207)
62手目で決め手が有りそう・・・と書きましたが終局図では107手でした。((+_+))
後手の執念の粘りは指してて怖いくらい凄かった・・・。

この将棋は勝てましたが、次戦う時は簡単じゃないぞ・・・って思った・・・。
勉強になった一局でした。

記録をさせて頂いたI藤さん、ありがとうございました。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング











将棋大会2019年11月(vs Y田さん)

こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

11月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。

第3戦は空き番となり労せず不戦勝となりました(;^ω^)
よって今回は第4戦の記録となります。

相手はY田さんです。
対戦成績は私が僅かに勝ち越しているくらいです。
レーティング差は59で私から見て勝率は58.41%らしい・・・。



先手Y田さん(画面上)、後手私(画面下)です。

23手目 96歩の局面
スクリーンショット (93)
戦型は嬉野流vs居飛車ですね。
77(33)に角がいてくれる方が嬉野側としては目標になるので、メチャクチャ
ありがたい。
また相手玉も右辺(戦場)に近寄ってくれるので対居飛車の方が嬉野流は暴れやすいと思っています。
よって現局面は自信ありです。




33手目 65歩の局面
スクリーンショット (94)
このブログを書く際に棋譜を当然見直すのだけど上図の局面で驚いた

多分だけどアマ5級くらいの棋力の方でも次の一手は76歩を指すと思う。
しかしアマ初段の私が指した手は86歩!!!!(゚ロ゚;)エェッ!?


Y田さんもビックリしたんじゃないかな・・・。
しかも86歩に1分程度考えて指してたし・・・・ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


何だか自分にガッカリである・・・。



48手目 64歩の局面
スクリーンショット (95)
先手が55角と出た後の局面です。
64歩は『焦点の歩』?ぽくてカッコいいから指してみただけの手でした。
(疑問手です。)

この局面では決め手が会って97角成が正解!!
なるほど・・・78金があるのでこの馬は取れないのか・・・(´・∀・`)ヘー


58手目 67歩の局面
スクリーンショット (96)
自称『焦点の歩』を指したために現れた67歩!
73の飛車は取られちゃうけど攻め合いで何とかなるでしょ!!
って発想の手でしたが疑問手・・・。

67銀と空き王手で決着でした。
まさに『低速の寄せ』・・・・。

64手目 71金打ちの局面
スクリーンショット (97)
局面は圧倒的に勝勢です。

88と金から詰みがあるようですが、間違って左辺に逃げられると厄介・・・。
(と言うか詰ませられないw)
自陣を安全にしてから詰め路で迫るのがBEST(と思った)
と言う事で71金打ちを選択・・・・どんだけビビリなんだろうね・・・・。
( ゚д゚)__♭" ドンダケー


終局図
スクリーンショット (98)
疑問手も多かったですが、それを差し引いても作戦(嬉野流)がうまくいった一局でした。
『勝将棋、鬼のごとし』と言われますが、そんな一局だったような気がします。

記録させて頂いたY田さん、ありがとうございました。


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング


お知らせ
2019.4.7にblogのフレームを変更したら、画像が切れて表示される記事が複数見つかりました。 直すのが大変なので修正は(基本)しません。ごめんなさい・・・。m(__)m
このブログについて
将棋ウォーズで初段を目指しています。
強くなり、いつかクロノさん(ユーチューバー)と指してみたいと思っています。

棋風は無理攻めばかりですが、いつかは格調高い受けの手を指せるようになりたいなぁ
(*´ω`)
好きな棋士
【郷田真隆9段】 2907-45fu-xs

いつか忘れたけどNHK杯戦での、相手の心を折る受けの一手を見てからファンになってしまいました。(^_-)-☆ 格調高い一手を指せる数少ない棋士と思います。
【藤井猛 9段】 2501-fujii-xs_mini
振り飛車視点での解説はとても参考になります。そして何よりも藤井システムの考案者という点がかっこいい!!この藤井システムはソフト検証しても候補手として上がってきませんが、手を進めるごとに評価値がグングン上がっていきます!!(凄い!!)
【先崎学 9段】 51x8KvtXKHL._SX344_BO1,204,203,200_
解らない所は解らないとハッキリ言うところがいいですね! 味わい深い解説も好きです。
【藤田綾 女流2段】 _e1610s2b-r
対局している姿はあまり見ないけど・・・ごめんなさい・・・。 聞き手としての安定感はピカ一と思います。 場がホンワカするところが素敵です( *´艸`)
【香川愛生 女流3段】 50246537_219512545669009_2782848280140459382_n
将棋も強いのですが、趣味のコスプレのクオリティーが凄い(^_-)-☆ ツイッターの更新頻度も多くて楽しませて頂いています。 将棋界の華に間違いありませんが今年は是非、タイトルを取って欲しいです。
Twitter プロフィール
棋力
引っ越しして更新してないから有効期限切れだけど・・・一応初段です。
棋力 (2)
将棋ウォーズ
スクリーンショット (150)

直近10戦の成績
地元将棋大会の星取表です。
古い←←← →→→新しい
●〇●●〇〇〇〇〇〇
2019.2.27更新
最新コメント
ソフト解析に使用しているPC
【CPU】
AMD RYZEN7 2700x

【マザーボード】
ASUS PRIME B350-PLUS

【グラフィックボード】
GIGABYTE NVIDIA
GeForce GTX 1660 Ti

【ストレージ】
Crucial SSD 500G

【メモリ】
DDR4-2666 16GB

【その他】
Novonest 240mmラジエータ
簡易水冷一体型CPUクーラー

  • ライブドアブログ