こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

6月に行われた、地元将棋大会の棋譜記録です。
4戦目の対戦相手はI藤さんです。

I藤さんとは直近2戦で都成流がはまり快勝しています。
今回も同じように勝てればなぁ・・・・と淡い期待をもっての対戦です。

先手が私(画面下)、後手I藤さん(画面上)です。
4手目、54歩の局面
スクリーンショット (242)
飛車先ズンズンタイプのI藤さんですが、さすがに今回は変化してきました。
陽動振り飛車の匂いがします。(佐藤会長みたいだなぁ(^^♪)


28手目 52飛車の局面
スクリーンショット (244)
後手の作戦は中飛車に決まりました。
プロの棋譜ではこの後右玉に囲う作戦が一般的だと思います。
(違ったらゴメン)


22手目 55歩の局面
スクリーンショット (245)
開戦は55歩でした。
この手はあるかな?って思ってましたが、こちらの5筋も手厚いし、
36歩をまだ突いていない形なので特に何もなかろう・・・と
同歩で応じました。


27手目 66銀の局面
スクリーンショット (246)
後手が56歩と垂らした後に66銀と出た局面です。
角あたりになっているし、57地点の枚数は足りているので味のいい手だなぁと思ってました。
しかしこれは後手ので、66同角と応じられ悶絶する事に・・・・。(´;ω;`)ウッ…
①66同角に同角は57銀が激痛(>_<)
②66同歩も57歩成で激痛(>_<)

どちらの痛みを受け入れるかの苦渋の選択で長考に沈みました。
この手の長考は本当に辛い・・・。


30手目 57歩成
スクリーンショット (247)
私が選んだのは②でした。(悪手)
①を選んで57銀とされても53歩と叩いたりする筋で優勢になったようですが、
私には発見できませんでした。

57(53)のと金に負けは無しの格言が本当であれば大ピンチです。(>_<)


39手目 79玉の局面
スクリーンショット (248)
手持ちの角と歩で局面を複雑にしに行ったところですが、正直かなり劣勢と認識してました。
しかし評価値は-278程度となっていますので、互角だったんですね・・・。
大局観悪いなぁと嫌になります。


68手目 25飛車の局面
スクリーンショット (249)
少し進んで馬or桂馬の十字飛車を決められたところです。
こちらの陣形は見事にバラバラ、後手陣は居玉ながら金銀4枚に囲まれており堅陣です。
21歩成が間に合えばよいのですが無理そう・・・。
かなり悲観していましたが、ここではなんと若干先手持ち+248((+_+))
正確に局面を読む力が不足しすぎています。(´;ω;`)ウッ…


71手目 61馬の局面
スクリーンショット (250)
前図から83に逃げた馬をぶった切った局面です。
苦し紛れの特攻でしたがこれが好手!!
宝の持ち腐れだった飛車を41に設置でき一気に視界が開けました。( *´艸`)


76手目 42角の局面
スクリーンショット (251)
後手は受けに適した駒が無く角2枚を投入して防戦しますが苦しそうな雰囲気が伝わってきます。
先手は63桂や41金が見えており(角を入手できれば36角が激痛)手に困りません。
ここで勝勢になった事はさすがに自覚していました。


終局図
スクリーンショット (253)
狙いの36角を決めた後、63銀で縛って勝利となりました。( *´艸`)

なんとこれでI藤さんには5連勝です。(信じられない)
偶然が続いただけですが苦手意識を持っていただければ、次回の対戦で精神的優位で戦えるかもしれませんね?
慢心することなく戦いたいと思います。


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング