こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

ついに『緊急事態宣言』が発令されましたね!
名前の通り緊急事態(しかも生きるか死ぬかの問題)なのだから、日本人らしく統率のとれた行動でコロナなんちゃらを収束に追い込みたいですね。
私もしっかり順守していきたいと思います。



えーーー将棋の方なんですが、昨日のちょっと気づいたことがあったので記事にします。

まず画像をペタっ↓↓↓

図1
スクリーンショット (103)
将棋ウォーズの実戦譜なんだけど、局面は嬉野流vs四間飛車です。
何十回とこの局面を指していますが、定跡では次は37桂で後手の銀の進出を止めて良しとされています。ですがこの日は64銀と上がりいきなり角交換をめざしてみました。

図2
スクリーンショット (104)
24歩からの角交換を強要しますが、振り飛車側はこの後当然のように図3と
飛車を2筋に振ってきます。(振り飛車の本能なのか100%こうなります。)


図3
スクリーンショット (105)
先手の嬉野側は39銀型でこの局面に誘導する事は多いのですが48銀型でもなんとかなるんです。

図4
スクリーンショット (111)
その訳は一見筋悪の25歩です。
振り飛車側は指す手が無いですよね?(そんなこと無いかな?)
私の経験上一番多いのは64歩かな?


図5
スクリーンショット (106)
こちらはいつでも角交換ができますが、ササっと交換しちゃいます。
33角成、同桂馬、んで24歩と進みます。

図6
スクリーンショット (107)
ここも振り飛車側は100%25歩としてきますが、次の55角
超怪しい手で評価値は振り飛車有利なんですが意外に受けずらいですよね?
44角であれば、同角、同銀、23角で振り飛車側の次の手が難しい。
32銀や42金で桂馬を守ると・・・



図7
スクリーンショット (110)
25飛車が炸裂します。オオーw(*゚o゚*)w
ほっとけば当然23歩成!
同桂馬は22角成!で評価値はわずかながら先手に振れてきます。

んで今日の気付きなんだけど、この局面で振り飛車側が正解手を指せる方は
非常に少ないと思う・・・。

まず局面は非常に忙しい。
23歩成が見えているし、桂馬の効きに飛車がいるし、その辺りをどうするか考えるのが人間と思います。



で、正解手は54歩です。
私はアマ初段ですが????でした。

この手、見えます?
結局この手がアマ初段程度の棋力であれば見えないであろう・・・ってのが今回の気付きで、
であれば互角以上に振り飛車と戦えるかな??って思いました。


もう少し実戦(将棋ウォーズ)で試してみて、有効そうであれば
murizemeスペシャル!!と名付けようw(ダサいと言わないでw)

今日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング