こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆



1月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
第2戦はY内田さんです。

対戦成績は勝ち越していますので新年初勝利を挙げたいところですが・・・・。


先手が私(画面下)、後手Y内田さん(画面上)です。

22手目 85銀の局面
スクリーンショット (302)
戦型は居飛車vs嬉野流ですね。
後手は嬉野流に有効な速攻棒銀です。
よくある局面なので受け方は65銀or75銀です。(たぶんね)
但し75銀は激しい変化になって評価値は互角ですが自信ないです。(参考図1)

参考図1
スクリーンショット (310)
この局面が互角とは到底思えないなぁ・・・・。


29手目 79角の局面
スクリーンショット (303)
棒銀を正しく受けた図です。
嬉野側の不満は後手側が8筋でいつでも暴れられる権利が発生している事が気持ち悪いです。
そういう意味では速攻棒銀は厄介です。((+_+))


43手目 84歩の局面
スクリーンショット (304)
後手の飛車先を抑える為に打った84歩ですが、打つなら85歩でしたね・・・。
おかげでこちらの飛車も動けなくなり、双方駒組が難しくなりました。


56手目 24角の局面
スクリーンショット (305)
桂得となり優勢は意識していた局面ですが、後手から大駒交換の打診がありました。
優勢を継続したいのでここで長考です。(約6分です)

①同飛車
②同角
③45桂
④83桂

有効そうな手が多くて悩みました。
①同飛車は同歩、同角のところで王手になり、歩切れの後手は受けにくそう。
②同角はこちらも角を捌きたかったので不満無いような気がする・・・。
③45桂は単純に攻め駒の足し算ですがピッタリした受けがあった場合、宙ぶらりんの桂馬なのでなんだか落ち着かない・・・。
④地味な83桂馬ですが91の香車を補充できれば香車の価値が高い局面に見える・・・。

で選んだ手は②で同角・・・。
悪手とは言い切れないが、疑問手でした。

ちなみにソフト先生の見解は58玉・・・。
(これ自玉が安全になっているの・・・・解らん・・・)


60手目 25角の局面
スクリーンショット (306)
25角は打たれると解っていて角交換したのですが、打たれてみるとヤッパリ厳しい・・・。
間接的に自玉を睨んでるし・・・。
ここでまたまた長考し(4分)36桂馬を着手・・・(悪手です)


73手目 28歩の局面
スクリーンショット (307)
後手側が攻めているように見えるけど、戦力不足と判断してました。
しかし今ソフトを見ると88不成からの厳しい攻めがあるね・・・。
危なかった・・・・(;^ω^)



80手目 57桂馬の局面
スクリーンショット (308)
嬉野流あるあるです・・・・。
このフンドシの桂馬はよく喰らいます・・・・・。


終局図 
スクリーンショット (309)
いきなりですが終局図です。
この局面では私は既に30秒将棋に突入しています。
パッとみて81香成、45馬が見えますが、もっと良い手が見えてしまいました・・・。

33歩です。( ;∀;)

そう・・・2歩(反則)なんです・・・・。


この後10手ほど指して発見されてしまいました・・・・。
指している途中は注意しないと・・・と思っていたのですがすっかり忘れていました。
(TДT)

ここ最近反則ネタばかりでしたが、まさか自分が反則するとは・・・・。
新年最悪の指し始めはまだまだ継続中のようです。(ノ◇≦。) ビェーン!!

この後けっこう落ち込んで昼食タイムでした・・・。
でも会場で用意して頂いたカレーはおいしかったw


本日は以上です。


↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング