こんにちわー murizemeです。(*・ω・)ノ

年中無休の仕事をしているので、仕事納めを一回でいいので味わってみたい・・・。
(早く正月終わらないかな・・・w)

はい、今日も12月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。
第4戦の相手はI田さんです。
ちなみに第5戦は抜け番になったので、この局が最終戦となりました。
第3戦に小学生に負けたダメージを引きずりながらの対局です。(不安・・・)


先手が私で(画面下)、後手I田さん(画面上)です。

24手目 45歩の局面
スクリーンショット (270)
居飛車vs嬉野流です。
後手からただで歩をどーぞと言われました。
もちろん同銀と取ったのですが、狙いの斜め棒銀がずれてしまい、この後の攻めが難しくなりました。
しかもどこかで1歩入手されると銀バサミに会います・・・・。
こんな嬉野対策があったのか・・・と大変勉強になりました。


29手目 76歩の局面
スクリーンショット (271)
嬉野流は引き角戦法で戦うことが殆どですが、場合によっては76歩を突いて戦うことも結構ある事をユーチューブの嬉野チャンネルを見てると出て来ます。
引き角型と角道OPEN型を使いこなせるようになると戦法の幅が広がりますね。
この局では明らかに88のラインから相手玉を睨んだ方が厳しいと判断し採用してみました。

57手目 34飛車の局面
スクリーンショット (272)
後手に上手く捌かれ桂損してしまいました。
ゆっくりしてられないので、(得意の?)大暴れで局面を複雑にした手です。

この後大駒をバッサバッサと切って、泥仕合に持ち込みましたw


75手目 32銀の局面
スクリーンショット (274)
32に銀を打たれ、一歩も動けなくなった飛車を直前に22に放り込んだのは私です。
(ノ◇≦。) ビェーン!!
何でそこに(22)に打つかなぁ・・・・。
すっかり自分に呆れた一幕です。(/TДT)/


86手目 41玉の局面
スクリーンショット (275)
「ラブストーリーは突然に・・・」by 小田和正

なんと本日2回目の反則がこの局面の直前に起こりました・・・。
(゚ロ゚;)エェッ!?


かなり珍しい反則です。
画像が荒くて見にくいですが↓↓↓
スクリーンショット (276)
写真の通りで後手が飛車を28に下ろす際に51に居た玉が服の袖に引っかかって41に移動してしまっています。

厳密に言うと2手指しになると思います。


んで当然、私もI田さんも気づかず終局まで指しましたw
(勝ったから良かったけどまた見逃してしまったw)




しかし今年は反則に遭遇する事が多かった一年でした。
まず、自分がした反則は香車で桂馬の動きをしてしまいました。
これもかなり珍しい反則だと思う・・・・。
しかも成り込んで王手だった為、その成香を相手がすぐ取り、双方気づかず・・・w
まさに瞬間芸でした( 一一)




次は対戦相手がした反則です。
①2歩
②動けない場所に駒を移動
③2手指し

です。


そして最も注目すべき所は今年遭遇した反則4件全てが、対戦者共気づかなかった事ですねぇ。w(゚o゚)w オオー!



私はたまたま動画を撮っていたから後日気づく事ができましたが・・・
反則って意外と解んないもんなんだな・・・・。
ってのが率直な感想です。


まぁ反則ってさ、やろうと思ってやる人は居ないし(全てがうっかりだと思う)
無事にその局が終わればそれで良いような気もします。

来年は、自分からは反則しないように心がけて指したいと思いました。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング