こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆

「一手損角換わり45桂馬急戦」の研究途中ですが、先日12月の地元将棋大会が開催されましたので先にそちらの様子を書きま~す。


初戦はY田さんです。
居飛車党の方ですが、嬉野流と居飛車は相性が良く最近は勝たせて頂いています。
今回もガンガンせめて勝ちを拾いたいところです。(^^♪

先手がY田さん(画面上)、後手が私(画面下)です。

27手目 69玉の局面
スクリーンショット (246)
戦型は嬉野流vsカニ囲い??かな・・・。
カニ囲いをY田さんが採用するのは初めて見ました。
研究してるんだなぁ・・・(自分も勉強しなくちゃ・・・)と思いました。


48手目 82飛車の局面
スクリーンショット (247)
カニ囲いだろうが何だろうが、争点が右辺に出来れば戦って行ける。
(これが嬉野流の良い所!!)
中盤の入り口で角金得となりました。
もちろん・・・勝ったな・・・(悪魔の声)
mig
が脳裏に響きましたw

59手目 68金の局面
スクリーンショット (248)
形勢は更に拡大し、寄せの構図を描きたい局面でした。
魅力的な手が2つ見えます。
①87角成
②87飛車成

この2手を比較検討する事約3分・・・。

結論は解らん・・・。
時間が沢山有る場面であればずっと考えていたい局面ですが、
どちらも有効な手の場合は沢山時間を費やすことは出来ません。(3分使ったけど・・・)

手成りで①87角成を決行しましたが、②の方がソフトさんの話では、より厳しかったようですね。

73手目 54飛車の局面
スクリーンショット (249)
先手の持ち駒は現在歩のみです。
自陣左辺が壁になっているのでちょっと怖い所ですが、現状は安泰です。
しかし私の持ち時間は2分を切りました。 (゚ー゚;Aアセアセ.

私の脳裏↓↓↓
①相手陣に詰め路をかけ続ければ自然と勝ちになるよね・・・・???
②安全に52歩を打っておこうかな・・・・。

で採用したのが第3の手53歩・・・・。
52歩を打つ直前に53の方が良くね???と判断。
駒は滑るように53に到達し角道を遮断・・・・。
当然64飛車と銀を取られて、金駒を一枚相手に献上してしまいました。

途端に自玉が危なくなっています。(((( ;゚д゚)))

このまま30秒将棋に突入したら何が起こっても不思議じゃありません!!
もう相手玉を寄せよう・・・・(無理でも詰め路をかけ続けよう)と決心した数手後・・・。

終局図
スクリーンショット (251)
詰め路を掛けたは良いが金駒をもう一枚渡してしまい・・・終了・・・Σ( ̄ロ ̄|||)
頓死と言えば聞こえは良いが、またもや時間管理ができなかった自分が弱いですね・・・。

反省し次回に生かせればと思います。

記録させて頂いたY田さんありがとうございました。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング