こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


11月に行われた地元将棋大会の棋譜記録です。

初戦はY本さんです。
初対戦でレーティング差は142格上の方です。
この差で私が勝つ確率は約30.63%らしい・・・

全く絶望するほどの差では無いはずです・・・。(`・д・´)
先手Y本さん(画面上)、後手が私で(画面下)です。

10手目 53銀の局面
スクリーンショット (179)
戦型は嬉野流vs四間飛車ですね。
先手は16歩を突いていますが、後手番の時は直ぐに受けず後回しにしています。

理由は先制攻撃を急ぎたいからです。
将来15桂の傷が怖いですが、序盤で優勢(有利)に持って行けない方が
何倍も怖いです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


25手目 88飛車の局面
スクリーンショット (180)
(結局端は14手後に受けちゃった・・・w)

最近、地元の大会では上図のように向かい飛車に振りなおされる事が増えています。
正直結構やっかいです・・・。
ソフト推奨手は画像の通りで守りの手を勧めてきます。
じっくりした戦いになればなるほど自陣の弱さが響いてくるので、多少無理でも
開戦します。


28手目 75歩の局面
スクリーンショット (182)
75歩~64歩で開戦です。
って言うかこの筋しか戦いを起こせませんw


37手目 68飛車の局面
スクリーンショット (183)
私は次に75銀を狙っていましたが、先手の飛車を4筋に戻されて悶絶しました・・・。
61の金が浮いていて身動きがとれない・・・。


6d2808d1-s
写輪眼に睨まれた気分・・・。(解らない方は漫画「NARUTO」をみようw)

どーして良いか解らず、この序盤で5分を超える長考に突入しました。(持ち時間20分)
62歩を打つか打たないか20回くらい考えたな・・・w
結局、選択した手は62飛車!(疑問手)
ソフト推奨手の84飛車ならこの後の74歩もなかったね・・・。
飛車を浮いて受けに使うシーンはプロの将棋でもよく見かけますが、肌に合わないというか
発想すら出来ない・・・。
今後の課題です。

50手目 63銀の局面
スクリーンショット (185)
序盤に優勢を築くどころか劣勢となり、防戦一方・・・・。
桂損していますし金銀がバラバラで収拾が既についていません。(´;ω;`)ウッ…

65手目 52金の局面
スクリーンショット (186)
指せば指すほど局面が悪化していきます・・・。
辛い時間です。
嬉野流は自陣の守りが極端に弱いので先に食いつかれたらワンサイドGAMEになりやすいです。(踏ん張りが効かないという表現がいいかな。)


投了図
スクリーンショット (187)
気持ち良いくらいの完敗です。( ノД`)シクシク…
力の差を見せつけられた将棋でした。
この将棋については感想戦もくそも無かったです。

ただ私がかった・・・。


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング