こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


昨日の大阪王将戦『藤井7段vs広瀬竜王』の将棋は見ましたか~?

私は将棋プレミアムに入っていないので(ビンボーなの・・・)でリアルタイムでは
見れませんでしたが、スマホ棋譜中継(将棋live)の更新ボタンを連打しながら観戦していまいたw

結果は藤井7段残念でしたが、広瀬竜王の勝負強さも光ったと思いました。(*-ω-)ウンウン♪
思えば昨年通算タイトル100期がかかった羽生さんとの竜王戦でも同じような勝負強さで
逆転勝ちをしていましたね。
巡り合わせとはいえ、大事なところで注目される広瀬竜王は実力は当然ながら、天運も持ってる?
気がしました(^^♪


えっと・・・対局が終わってから将棋ソフトで解析してみました。
そしたらね、61手目の局面なんだけどソフト(Apery-WCSC28)推奨手では72とで
先手+725点でした。
本譜は81とで+166点

中盤でこの点差変動は大きいのですが、将棋liveのコメントには72との解説はされて
無いようでした。

60手目93桂馬の局面↓↓↓
スクリーンショット (188)
私の大局観では81とは凄く良い手に見えます。
91の香車が取れるから・・・・。

72とで飛車の動きを悪くした方が良いとソフトは言ってますが、と金も動けないのよね・・・。

また直前の後手93桂馬はソフト評価では悪手評価(-500点位)でした。
しかし将棋liveの解説では「なるほど・・・」とプロの先生が評価されています。

ソフトが全て正しいとは思っていませんが、人間とソフトの見解の違いが聞けたら面白かったなぁと
思いました。

来月の将棋世界で解説されるかな・・・・??


本日は以上です。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング