こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆


9月に行われた地元将棋大会の記録です。
第2戦はT村さんです。



初戦で惨敗したので、星を五分に戻したい一戦です。
(過去の対戦成績は1勝2敗)
R的には235程格上のT村さんですが過去に1勝しているという事実が自信となり
臆することなく戦うことが出来ました。

さて、結果の方は・・・。

T村さんが先手(画面上)、私が後手(画面下)です。
スクリーンショット (98)
戦型は先手四間飛車、後手嬉野流です。
T村さんとは7月に対戦し、向かい飛車で苦しめられた・・・そして惨敗した・・・。
ので4間に振ってもらってチョット・・・ほっとしました・・・w
(未だに嬉野流vs向かい飛車の定跡は勉強してないからw)


22手目86歩の局面
スクリーンショット (101)
先手は穴熊となりました。
穴熊が完成したら作戦負けです。
私の将棋は先制攻撃に全てをかけていると言っても良いくらい速攻に重点を置いているので
当然86歩で開戦!!(`・д・´)

狙いは
同歩
同角
同角
同飛
87歩
83飛
ここで穴熊を完成すべく39金なら(下図参考)
スクリーンショット (109)
88角
77角
同角
同銀
83飛成
82飛車
同飛車成
同銀
となって(下図参考)

スクリーンショット (102)
穴熊相手に飛車交換していますが先手は歩切れで次の82飛車が受け辛く、
後手有利になります。

また振り飛車相手に飛車交換する場合は71の銀は上がらず待機する事によって
飛車の打ち込みに強い陣形が出来るので嬉野流を指す場合は重要なポイントです。w(゚o゚)w オオー!


47手目、68歩の局面
スクリーンショット (103)
本譜は私の狙い通りにはならずガッチリ8筋を受けられてしまい先手は手厚い
陣形となりました。
上図の局面は私の成銀が殺された瞬間です・・・。
穴熊相手に駒損してしまったので、自分の大局観では▲2000点ほど差がついていても
おかしくないと考え大分悲観していました。
(ソフトの読み筋では68歩、同金、88歩、同角、59角・・・さすがソフト・・・)


71手目、83成銀の局面
スクリーンショット (104)
パッとみて後手を持ちたい人はいないと思う・・・・。
後手の周りに駒が無く、先手に飛車を持たれています。
さらに先手の穴熊は手付かず・・・・。
投げてもいいくらいの局面と思っていましたが続けました。(ノд・。) グスン

評価値はなぜか先手の+1000点程なんですよね・・・誰か説明して・・・。



93手目、26香の場面
スクリーンショット (105)
粘りに粘って大駒3枚を竜馬に変え、入玉できれば逆転もありうると考えていた場面です。

先手の26香車は次に23香成、同玉41飛でジ・エンドです。
とっくに秒読みに入っていた私が指した手は24歩!!
下手に金を投入して受けても(例:22金)25香車、15桂馬と重ねられ崩壊確実・・・。
ソフトでは全く評価されなかった24歩だけど、良い手だったなぁ(◎_◎;)と思いましたw

140手目、63玉の場面
スクリーンショット (107)
拮抗した戦いが続いていましたが、大勢が決したのは先手がこの後13馬と
香を取った時でした。そう・・・遠く79の馬が効いていました。
自陣はもう怖い所はありませんし、26歩からの攻めや46桂などもありますので
攻めには困りません。


投了図
スクリーンショット (108)
互いに20分の持ち時間を使い切り、1手30秒を指しつづけること約1時間の熱戦でした。

この将棋は序盤に銀損し、裸同然の自玉vs穴熊となり・・・悲観的な局面が
長かったのですが、終わってみれば勝ちとなって・・・。

なんだか狐につままれた気持ちでした。?q|゚Д゚|p



不思議な不思議な将棋でした・・・。




本日は以上です。



↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング