こんにちわーmurizemeです(^_-)-☆



8月に行われた地元将棋大会の記録です。

1勝2敗でむかえた第4戦はY田さんです。
過去の対戦成績は2勝2敗です。
直近では先月対戦し華麗な王手飛車を喰らい完敗しました。(´;ω;`)ウゥゥ
今月はなんとしてもリベンジしたいです。( ー`дー´)キリッ


Y田さんが先手(画面上)、私が後手(画面下)です。
スクリーンショット (76)
Y田さんは居飛車党の飛車先ズンズンタイプ!!
今回は都成流を採用してみました。(気まぐれですw)

都成流は正確に対応されると若干不利になります。(ソフト検証より)
しかしアマチュアレベルで序盤の300点くらいは誤差の範囲でしょうw。


14手目の局面
スクリーンショット (77)
ここでは45角の他に33銀、36飛、82飛車と振り飛車に構える方が都成流の
王道のようですが、振り飛車が苦手な私は45角を採用しました。


26手目の局面
スクリーンショット (78)
まだ26手ですが両方の玉頭に火がついています。
私の大局観では+2000点くらいはリードしてるかな?と考えていましたが
+900点くらいでした。


50手目の局面
スクリーンショット (79)
ここでも+2000~+3000点勝っている気がしていました。
(実際は、ほぼ互角)
具体的によくなる変化はもちろん解らないけどねw
よくみると駒割は互角なんですよね。
+2000点も差が付くわけ無いね・・・・。


56手目の局面
スクリーンショット (80)
個人的には感触が良かった48角ですが、なんと評価値は逆転を許していました・・・。
68玉の後、追撃の45桂が絶品すぎる~~~と自画自賛してたなんて言えない。( 一一)


65手目の局面
スクリーンショット (81)
一個前の画像から10手かからず御覧の様に玉が縛られれてしまいました・・・。
投了しようか悩んでいましたが、意外に自玉が詰まない事に気付きました。w(゚o゚)w オオー!

この後は44玉、53馬、44玉と変化するしかなく、これは千日手です。
そして千日手は王手をかけた方が違う手を指さなくてはなりません。
九死に一生を得ました!!

先手玉は詰め路が掛かっているので、受けるしかないのですが
そこは男のY田さん!!
詰まして見ろ!!
とばかりに手を渡してくれました。(◎_◎;)


終局図
スクリーンショット (82)
簡単な5手詰めでした・・・。(解ってよかったw)


今回は大局観が大きくズレていたので、ミスが多かった・・・。
特に自玉の安全度を楽観視する癖は何としないといけません。


記録をさせて頂いたY田さん、ありがとうございました。

↓↓↓押していただけると元気が出ます(^^♪


将棋ランキング